プレ葉は10周年!イベント&お得情報がいっぱい

お二人目は「クラフトハートトーカイ」から鈴木さんの登場です。

「お店では“晴代ちゃん”って呼ばれてます。オープン当初は“鈴木”が4人もいたので」

4人も!

「浜松市には“鈴木さん”が多いんですよね」

では、鈴木さんも浜松出身で?

「私は関東の北の方の出身なんですけど…」

それがどうして浜松の浜北のプレ葉ウォークに?

「こっちに嫁いできてから飲食店で働いていたんですけど、「クラフトハートトーカイ」がオープンするので募集をかけていたんですね。手芸ごとが好きだったので、講習会※の講師になりたくて応募して。面接にはちゃんと作品も持って行ったんですよ!」
※「クラフトハートトーカイ」では、店舗内で定期的にハンドメイドの講習会(ワークショップ)をやっているそうですので、詳しくは店舗にお問い合わせください

それがどうしてスタッフに?

「そのとき店舗のスタッフも募集していたんですね。“講師とスタッフとは兼任できないのでどっちがいいですか”って聞かれて、つい“スタッフ”って言っちゃって…そこからズルズルと10年いますね、この仕事が好きなので」

鈴木さんが手芸好きになったのっていつからですか?

「15年以上前かなぁ…ビーズがすごい流行っていた時期があって、その頃にビーズを始めたら、習いに行くくらいにハマってしまって。今はお客さんにいろいろと聞かれることも多いので、縫い物も、編み物も、なんでもやるようになりましたね」

器用ですね。

「母親も手芸ごとが好きな人だったので、それを見て育ってきたのもあると思いますね」

手芸好きの血統なんですね。

「母親は自分で手芸の仕事をやってみたいって夢もあったそうで、その夢を叶えてくれたって言ってくれています」

素敵な話を聞かせていただきました。

忙しい時期とかあるんでしょうか?

「このあたりの保育園・幼稚園は、お子さんに親御さんの手づくりのかばんを持たせるんですね。なので、秋くらいから春先まではずーっとそういったお客様がいらっしゃいますね」

お母さんの初めての手芸みたいな。

「今みたいな夏の時期だと“水着に名札をつけたい”とか」

お母さんもいろいろ作らないといけなくて大変…。

「でも、みんながみんな作れるわけではないので、作れないお客様はオーダーをすることもできるんですよ」

お母さんのお役立ちショップですね。

「お役立ちといえば、最近お店のアプリも始まったんです。アプリならクーポンもゲットできるんです!」

おすすめ上手!

「毎日、スクラッチクジもできるので、遊び感覚で毎日やってみてください!」

BACK NUMBER