プレ葉は10周年!イベント&お得情報がいっぱい

今年、プレ葉が10周年なので、いろいろなスタッフの方にインタビューをしているのですが…

「知ってましたよ! 記念キャラクターのお名前募集があったり、スタッフ用の缶バッヂももらったりしたので」

話が早くてよかったです! ところでプレ葉がオープンした10年前は何をしていましたか?

「もう無印良品で働いてましたね。商業関係の学校で勉強していたので、アパレルや小売業の会社に入りたいなと思って。それで上京してきて、最初に応募したのが無印良品でした。」

無印良品ひと筋なのはわかったのですが、どうしてプレ葉に?

「2年半前に、会社で内示が出てここに辿り着きました」

プレ葉のお店と都内のお店って違ったりするんですか?

「都心の店舗はインバウンドのお客様も多くて。一部のお客様はペンを100本まとめてとか購入されるので…たくさん買って帰って、みんなに配るらしいんですよ」

爆買いってやつですね!

「プレ葉で働いてびっくりした事はベッドや大きな家具をお持ち帰りされるお客様が多い事ですね。」

そうなんですね!

「あと、プレ葉のお店はスタッフとお客様との距離が近いなと思います。ご年配のお客様や家族でいらっしゃるお客様も多いので、会話をすることも増えましたね」

「お客様と会話をする機会が増えて知ることができたんですが、まだまだ無印良品って知られていないんだな、と。「食品もあるんだね」とか言われることもあるので」

僕はバターチキンカレーが好きです!

「そういったことを知っていただくために、試食会※を週末にやったりもしていますね」
※「無印良品」では、不定期的に店舗内で試食会をやっているそうですので、詳しくは店舗にお問い合わせください

それは食べたい!

「あと「無印の商品ってロゴがないだけなの?」とか言われたりもするんで」

シンプルですからね。

「そう、よく“シンプル”って言われるんですけど、でも“シンプル”にしようとして“シンプル”にしてるわけじゃないんです。例えば、コップに、模様がついていてもいなくても、機能は一緒ですよね。染色したり・デコレーションする事を省略し結果的にムダがなくなりシンプルな商品が出来上がるんです。」

深ーい話ですね。

「無印良品のモノづくりの考え方がまだまだお客様に伝わっていないと感じています。会話を通じてお客様にも知っていただいて、共感してもらえたらうれしいなと思います」

BACK NUMBER